FC2ブログ

ひかりの子のへや

.--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

.30

日曜日の朝

2010年11月28日

 子どもたちのママさんから了解を得て
今日から「お名前」で記しますね。

アルファベットだとなんだか「少年A」とか
「少女B」みたいで違和感を感じていましたので…。
 
この日「ひかりの子のへや」に来てくれたお友達4名。
サナちゃんが朝、嘔吐してお休み。
ミサキくんは礼拝前にお休みモードzzzZ…。

「0歳児」から「7歳児」までが
集まっているこのお部屋の子どもたちは
していることがバラバラまちまち…。

でもアユちゃんもユシンちゃんも随分手が
かからなくなりなりました。

だから、というわけでもありませんが、
私はハルくんとトランプ。

「ババぬき」に「スピード」
それから「神経衰弱」
と次からつぎへと要請がありました。

でも「二人」ですからね…。
ババ抜きなんて
いかにして「ジョーカー」を引いてもらうかの
化かし合い。これって結構演技力いるんですね~。
そしてプラス相手のウソを見抜く洞察力!

そこはハルくんよりかははるかにたくさん生きている
私の勝ち!

スピード、これも私の勝ち!

そして神経衰弱。
大負け…。かなりマジでしたが。
私の神経、衰弱しました。

最後は「ぶたのしっぽ」
これはふたりともルールがあまり
わからずエンドレスゲーム。
最後は二人とも飽きてやめました(笑)。


ケンちゃんは?ですか?
彼は私の背中におんぶされていました。

この前までは嫌がって
大泣きのケンちゃんでしたが
だんだんと慣れてきたのか
おとなしく?おんぶされてくれました。

背中にケンちゃんをおぶったまま
トランプで激しいバトルを繰り広げて
いた私の姿、ご想像ください。
笑えるでしょう。

イヤ~自分でも笑えます。

心配だったサナちゃんですが
お昼前には回復したそうで
ママとおにいちゃんのお迎えに
きてくれました。
イエスさまに速やかに癒していただいて
感謝だったね、サナちゃん!
スポンサーサイト

.17

日曜日の朝

2010年11月14日

11月14日日曜日
学校などの行事続きだったHくんもこの日は
来れました。

すると同級のAちゃんはお休み。
何だか二人のすれ違い…?!

「ひかりの子のへや」に来る子達は
みんな「自由人」。

この日も自由人らしさを思いっきり発揮!
言い換えると収拾がついていない状態

K君はこの日は完全お休みモード でした。
その直前、私が抱っこしてあやしましたが、泣き止まず…

しかし別のママが抱っこすると
ぐずることをやめてそのまま寝入ってしまいました。
   すご~いっ!!
これからもよろしく!です。

先日CS(教会学校)のために「マナマナポン」を購入
しました。

子どもには大うけで、ついでに中高生にも大人にも
大うけでした。
(こちらを参照)1階のお部屋だったらDVDを見せてあげられますが、

3階の子ども部屋にはテレビがありません。
CSの時間は来れないお友達にも見せてあげたいのです…。

この日2歳のお誕生日を迎えたAちゃん、
すべり台やジャングルジムに果敢に挑戦し、
動作が活発になったな…と思っていましたが
それもそのはず、
お家で、お誕生日祝いにジャグルジム?を設置して
もらったようです。

今日のおやつは「かきもち」。
Hくん「おいしすぎ~!」だそうです。

Aちゃんはまだお母さんから「おやつ承認」を
頂いていなくて
それでもおにいちゃん、おねえちゃんの食べている
のが欲しくて、ワサワサしだしたので
私の背中にくくりつけられてしましました。
最初は抵抗していましたが、
しばらくするとそのままコテン

来週からは「おやつ」に参加しても良い、との
了解を得たので、赤ちゃん用のおやつ準備しますね。

そう言えば
そろそろ「玄関靴置き場」2つ新しく設置しなければね…。








.08

子どもの様子

2010年11月7日

 この朝は5人のお友達が「ひかりの子のへや」に
きてくれました。

Hくんは今日も小学校の行事。
小学生も日曜日、大変ですね…。

今週から子どもたちだけの
「主の祈り」をはじめました。

ホワイトボードに
主のいのりを書いて
声を出して唱えるのです。

「主の祈り」は
イエス様が私たち人間に
「このように祈りなさい」と
教えてくださったいわば「祈りのお手本」です。

「おへや」にやってくる子どもたちは
クリスチャンホームの子もいれば
お母さんだけ、とか おばあちゃんだけ
とか言う子もいます。

ですから家では「お祈りする」環境に
ない子達もいます。

食事の前に自然にお祈りできる子も
いれば、そうではない子もいるわけです。

「主の祈り」はただ暗唱したらよい、
というものでは決してありませんが、
ぜひ覚えて欲しいものであります。

今週は小学生はAちゃん一人。
すなわち、字を読むことができるのは
Aちゃんだけ、という状態。

でもやります!
そしてやりました。

すると驚いたことに
Aちゃん、目をつぶって
「天にましますわれらの父よ。
   …
と暗唱し始めました。
時々薄目をあけてホワイトボードを見たり

私が助けてあげることもありましたが
最後までできました。

「家で覚えたの。」
と彼女。

先日フィリピン人のママが
「『主の祈り』のカードが欲しい」
と言われたので

ひらがなで書かれたカードを
お渡ししました。
(大学で日本語を勉強されたそうですが
「漢字はまだ苦手…」と
仰っていましたので…。)

そのひらがなのカードを見ながら
Aちゃんは覚えたそうです。
ママのパパ、すなわちおじいちゃんは
フィリピンで牧師さんをしておられます。

ママは結婚で日本にやってこられました。
今のところパパは「送り迎えの運転手さん」ですが
やがて一緒に礼拝をささげることが
できるように祈っています。

Aちゃんはすごーく子どもらしいけれど
加えてとっても落ち着いた女の子です。

さてAちゃん以外の
字を読めないおチビさんたちは
その間は何をしていたか?
         ですか?…
ハイ、おもちゃをゴソゴソ
何して遊ぼうか?それしかありませんでした。

でもいいんです。
ある先生は言いました。

「大丈夫!信仰は毛穴からでも入ります!」
ですから




先日赤ちゃんたちのために
おんぶひも、買いました。
今時のオシャレな抱っこひも、ではなくて
昔ながらのおんぶひも。

MくんとKくんが同時に泣き出した時のために…
です。
一人はおんぶ、一人は抱っこできるからです。

この日はMくん、いきなりクーハンの中で
爆睡でした(笑)。
彼はとても穏やかな子です。
いつの間にか目覚めて
一人で這い出してきました。
気ついたら
ジャングルジムの向うから
「バァー」とご機嫌スマイルを
おくってくれました。

Kくんは
おんぶされたままほぼズット泣いていました。
おんぶに慣れていないせいだと思います。
ずっと泣き続けることができるなんて
なんて根気強いのだ!
キミは大したもんだ!



11月7日、そんなこんなの「ひかりの子のへや」
でした。
            シャローム

            by Hiroyo












RSSフィード 管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。